野菜料理教室Green table 〜おいしい野菜と料理の空間〜

【レポート】5月のGreen table

5月のテーマは
セロリ&トマト

セロリの香りやシャキッとした
歯触りは、少し暑くなってきた
この時期に食べたくなる野菜の一つです。
そんな今ごろがセロリの旬。

トマトも今たくさん出回っており、
しかも価格も低めです。

特に高糖度トマトが
ここのところ、価格がいつもより安くなって
います。青果店でチェックしてみてください。
(出荷量が多い時期なこと、震災の影響など
 により)

今回は、店頭でトマトを選ぶときに
どんなポイントで選んでいるか、
どれが美味しそうにみえているのか、
参加者の方々に
そんな談義をしていただきました。

パッケージごと数種類の
大玉トマトをご用意して、
どれがおいしそうか、自分なら
どれを買うか・・・
人の選ぶポイントと自分の選ぶポイントが
違っていたりするのがよくわかります。

そのあと、実際に試食していただきました。

見た目よさそうだけれども、
買って食べたらあまり美味しくなかった・・
がっかり・・・
そんなことが少なくなるように
なればと思います。

お料理は、なるべく
昨日畑で獲れた野菜をふんだんに使って、
お出ししました。

畑の野菜

*アミューズ
   ・ホワイトアスパラガスのピクルス
   ・フムスとトマト、セルバチコのカナッペ
   ・干ししいたけのバルサミコソテー

アミューズ

*トマトと湯葉のサラダ
   フルーツトマトをくりぬき、中に
   くみ上げ湯葉と畑から摘んできた
   ピリッと辛くて美味しいセルバチコ
   (ワイルドルッコラ)。
   そこに藻塩がポイントでしょうか。

トマトと湯葉のサラダ

   湯葉がちょうどモッツアレラチーズのような
   感じになります。
   普通、湯葉にはわさびを使いますが、
   わさびの代わりにセルバチコを使っています。
   湯葉のクリーミーさとトマトの甘さに
   ワイルドな香りと風味のセルバチコを
   あわせています。
   黄色い花は畑で摘んだセルバチコの花です。
   もちろん食べられます。


*セロリのミートローフ 中東風
    トマトのムニエル添え
    畑のセージをのせて

セロリミートローフ
 
 ごろごろと昨日畑で獲ったセロリをたっぷり入れ、
 中東でポピュラーなデュカを入れた
 ミートローフ。
 デュカは最近レストランなどで
 パンと一緒に出てくるオリーブオイルに
 入れられていたりするミックススパイス。
 流行ってきていますね。
 エスニックな感じですが、辛くなく、
 ごま、コリアンダーシード、ナッツ類などが
 入っているので、日本人には馴染みやすいものです。
 (まだ、あまりどこでも売っていないのですが・・
  私は東京・麻布のナショナルスーパーで購入)

 セロリは生食というイメージが強いですが、
 世界的にみると、加熱調理のほうが多い野菜です。

 トマトをムニエルにして、
 それを切ってソース変わりに
 ミートローフと一緒に
 口に入れていただくようにしました。
 
*玄米トマトパエリャ
 
  パエリャはご飯に芯が残るぐらい堅めが
  いいのですが、普通のうるち米だとついつい
  べたっとしがちです。
  発芽玄米を使えば、パラパラとしてかみごたえも
  あり、簡単に美味しいパエリャができます。

玄米トマトパエリャ

  畑のパプリカ、アスパラガスなどが
  入っています。

  冬しか使わないすきやき鍋。
  直火でそのまま食卓にだせる優れた鍋を
  他の季節でも活躍させましょう〜ということで、
  作ってみました。


*セロリのレアチーズケーキ

  セロリとチーズは相性がよい組み合わせですね。
  ならば、セロリとチーズを使ってデザートをと
  思って考えたケーキ。

セロリチーズケーキ

  セロリの香りと風味を出すのに苦労しました。

セロリレアチーズカット断面


  みなさんにとても好評だったので、何度も試作した
  甲斐がありました。

  皆様には、畑で収穫した大根、セルバチコ、
  フルーツトマトをお持ち帰りいただきました。


 次回は、6月10日(金) 
  テーマは ズッキーニ&米粉です

 米粉というと、パンとかケーキというイメージですが、
 お料理でも便利に使える粉です。
 そんな粉の使い方をお伝えできればと思います。

 体験レッスン(有料)もお受けしておりますので
 ご連絡お待ち申しあげております。
 

投稿日時: 2011年05月13日 21:51