野菜料理教室Green table 〜おいしい野菜と料理の空間〜

【レポート】11月のGreen table

11月のGreen tableは、
里芋、チンゲン菜、晩生梨などを
ご紹介いたしました。

里芋といっても、いろいろ品種があり、
地域的にも慣れ親しんでいるタイプは
異なります。

関東や東北は、土垂系が
多いのですが、
関西や九州にいくと、里芋の煮物というと、
セレベスを使ったものも多く、
面白いものです。

また、同じ系統の里芋でも、
土壌によってかなり風味が異なります。
その地、その地でずっと、食べられている
芋もあり、また新しい可能性を秘めて
開発された里芋もあります。

今回は、千葉県で新しく開発された
『ちば丸』(里芋臭ささなく、白くねっとりしている)
『土垂(どたれ)』
『セレベス』(赤芽とも)
『たけのこ芋』(京芋とも)
『唐いも』(京都では、特別な栽培方法で海老芋に)

などを、同じ出汁で煮たもので
食べ比べしていただきました。

また、梨というと、どうしてももう
シーズンは終わったような感じになって
しまいますが、
晩生の梨もなかなかです。
でも、意外と食べる機会がない方も
多いようです。

今回は、
南水、にっこり梨、新興を試食。

その他に、中国梨『鴨梨ヤーリー』や
幻の梨と呼ばれる
大きな『秋峰』もお見せいたしました。


お料理は、
*前菜として
ごぼうの中華風ピクルス、
洋梨と焼き豚、
ピータン

*セロリのからしあえ
セロリのからし和え

*里芋から揚げ 花椒塩
 レンジで加熱後、皮をむいて
 揚げます

*チンゲン菜のジャジャ麺風
 チンゲン菜を麺に見立ててつくります
チンゲン菜ジャジャ麺

*梨のフラン(新興なしを使って)


お酒は、老酒に似た味のするシェリー(オロロソ)と
ボルドーのロゼをお出ししました。

また、お土産には、まだあまり販売されていない
『ちば丸里いも』、そして四川でも最高級の
とてもレアな『豆板醤』をお渡しいたしました。


先日いらした方達にお会いする
機会がありました。
『さっそく作ってみました♪』という
お声を聞くと、うれしい限りです。

次回のGreen tableは、
12月10日(木)、11日(金)です。

Green tableでは、参加者の方たちに
毎回、お料理にあったお酒をお出ししています。
また、お土産として、その回に使用した
お野菜や調味料などをお渡ししています。
(ぜひ、再現をしていただきたいので)

Green table に関しては、
こちらをご覧ください。

近日中に、12月メニューを
お伝えします。

投稿日時: 2009年11月20日 09:05