野菜料理教室Green table 〜おいしい野菜と料理の空間〜

【レポート】6月のGreen table

6月のGreen tableのテーマは、
『アスパラガス&ルバーブ』でした。

アスパラ3種

その他、静岡県三方ヶ原の金子さんの男爵いも、
高知県土佐清水市の
足摺レッド(紫玉ねぎ)をご紹介しました。

北海道の露地ものアスパラガスの旬は
5月中頃〜6月中頃。
じっくり育って芽を出したトアスパラの
美味しさを知ってほしいということで、
オフィスオッティモさんのご協力を得て、
今回最高級のアスパラを3色
ご紹介しました。

アスパラ 白・緑・紫の3色を焼いたものを
食べ比べしました。
3種アスパラ食べ比べ
これはなかなかレアな体験だったかもしれません。

*アミューズ

 ホワイトアスパラを出荷するときに、
下部を切り落としします。
その部分は堅いのですが、一番
うまみや甘みが抜群にあるところです。
(この部分は、通常出荷されていない部分ですので、
入手は不可能ですが特別いただきました。)
これをピューレにして、牛乳と生クリームだけで
のばしたものをお出ししました。
アスパラの香りが口いっぱいに広がります。
ホワイトアスパラクレーム前菜

もうひとつは、参加者のおひとりが、
野田で枝豆の生産者の方で、手塩にかけた
鮮度抜群の旬の枝豆を送ってくださったので、
それを、カッテージチーズで和えて
一口お出ししました。
アイスプランツを添えてあります。

ホワイトアスパラを使った1品として、

*ホワイトアスパラと帆立のレムラード風

ホワイトアスパラレムラード風

下には、足摺レッドのみじん切りを添えてあります。
まったく水にもさらしていないのに、辛味がなく、
皆さん驚いていました。

ホワイトアスパラガスを茹でる場合は、
ピーラーで皮をむいて、煮出した汁で
茹でるとおいしく茹であがります。
剥き方や茹で方など、細かい点の
処理が野菜を美味しくするコツです。
ホワイトアスパラ皮煮出し

*グリーンアスパラのビスマルク風

イタリア人は卵と合わせてアスパラを
いただくことを好みます。
グリーンアスパラガスを、焼いて、
そこに、ベーコン、温泉卵などを乗せて
卵を崩しながらいただくのが、シンプルですが、
美味しい食べ方です。
横には、コスモファームから直送していただいた
たっぷりのレタス類と、糖度があって、おいしい
足摺レッドのスライスを添えて。
グリーンアスパラビスマルク風

太いアスパラだと、堅いのでは・・・と
思う方が多いのですが、そんなことはないのです。
ピーラーで下部をむいて、
4〜5分焼くと、ちょうどよい柔らかさになります。
実際に見ていただき、食べていただき納得して
いただけたと思います。

じゃが芋は、三方ヶ原の男爵をじっくりオーブンで
焼いたものをお出ししました。

デザートは、ルバーブを使った1品。

*ルバーブのフランパイ
ルバーブは食べたことがない方、
生を見たことがない方がまだ多い野菜です。
ルバーブの葉と茎
葉っぱはシュウ酸が多いので食べられません。
これも、コスモファームから直送していただきました。

ルバーブは、実際にジャムの作り方をお見せいたしました。
ルバーブ鍋中カットして砂糖をまぶしておく

今回は、クリームチーズを練りこんだ、
簡単でリッチな味わいのパイ生地に、
アパレイユを流し、その中に、生のルバーブを入れて、
焼きました。焼いたパイの上に、ルバーブジャムを
たっぷり塗ってお出ししました。
ルバーブジャムは、本当に簡単にあっという間に
出来上がります。
この独特な酸味が、梅雨のじめじめした今頃や、
夏の暑さにぴったりです。
ジャムは冷たいしゃぶしゃぶのたれなどにも
アレンジできます。
ルバーブフランパイカット

ワインは、北海道岩見沢の宝水ワイナリーの
ケルナーをお出しししました。
さっぱりとした中にも、ふくよかさが
あって、アスパラによくあって好評でした。

今回は、お取り寄せアイテムは、北海道のアスパラ3色、
コスモファーム野菜セット(ルバーブやレタス類など詰め合わせ)
でした。
コスモ野菜セット6月コスモファーム6月野菜セット

6月の教室の様子を、参加者の方のブログに
アップしていただいていますので、ぜひご覧ください!
http://forest6pixy.seesaa.net/article/121450087.html

来月は、夏にさっぱりと、
和風でお野菜を美味しくいただきたいと思います。

 テーマ野菜は、
  *じゅんさい
  *パプリカ
  *ブルーベリー などです。
  そのほかにも、とっておきのものが
  間に合えばご紹介します♪

  後日、また詳細をアップいたします。

投稿日時: 2009年06月21日 21:12